膀胱炎の症状 Archives | 膀胱炎の症状について教えて

膀胱炎の症状

膀胱炎の悪化による症状。

膀胱炎の症状とはどういうもの?

膀胱炎になる人が多いにも関わらず、症状について知らない人は意外と多いです。

男性よりも女性がなりやすいと言われる膀胱炎は、多くの人がイメージしている通り、おしっこをする時にツーンとした痛みを伴うのが主な症状となります。

人によっては我慢できる痛みですが、膀胱結石などができている人の中には、それと同等の痛みを感じることもあるという意見があるなど、症状は人によって違います。

腎臓結石や尿管結石など、炎症と合わせて併発される症状もあるので注意しましょう。

また、膀胱炎の症状は他にもあって、人によってはトイレに行く回数が増える人もいます。

頻尿になると言われることが多い膀胱炎は、事実として尿意を感じやすくなります。

結果的に頻尿になってしまうことが多く、そこから症状が悪化することもあるのです。

(さらに…)

膀胱炎の症状

膀胱炎の薬で症状の緩和

膀胱炎の症状は思っているより過酷?!

膀胱炎と聞けば、おしっこをする時に痛みを感じることが多くなる程度に思っている人が多く、その症状に関してはあまり警戒していない人も多いですよね。

しかし、膀胱炎の症状は排尿時の痛みだけには留まらないので注意が必要です。

実際に膀胱炎の症状として頻繁に見られるのが、排尿の回数が増えるということです。

膀胱炎になると膀胱が炎症を起こしているため、身体はおしっこをすぐに出そうとします。

その結果、尿意を感じることが多くなり、排尿の回数も自然と増えるのです。

また、人によっては血尿が出ることもあるなど、かなり症状が悪化することもあります。

膀胱が炎症を引き起こすと血尿が出る他、膀胱結石になることもあるかもしれません。

その他、腎臓とも関連して似たような症状が出ることもあるので注意が必要です。

さらに症状として、残尿感が強く出てしまうこともあるため、注意しておきましょう。
(さらに…)

膀胱炎の症状

膀胱炎の症状には漢方

膀胱炎に見られる症状

膀胱炎になってしまうと、どのような症状になるのかわからない人も実は多いです。
膀胱炎の代表的な症状としては排尿時のツーンとした痛みなのですが、それ以外にも症状があり、人によって感じる症状はまた違ってくるのが特徴となっています。
例えば、膀胱炎になると残尿感が強くなると言われており、事実そう感じる人も多いです。
しっかり排尿したはずなのに、どこかおしっこが残っているような感覚。
これが強く残るということであれば、もしかしたら膀胱炎になっている可能性があります。
また、膀胱炎になると頻尿にもなると言われ、トイレに行く回数が増えます。
事実、膀胱炎では短時間で尿意を感じることが多いため、排尿機能に障害が出ることも。
まずは膀胱炎に見られる症状を理解し、自分で判断するのではなく医師に診てもらうべき。
特に泌尿器科など専門医に診てもらうことで治療もよりスムーズになります。
(さらに…)

膀胱炎の症状

泌尿器科で行われる様々な検査とテスト

排尿の症状と疑われる病気

年だから仕方がない、恥ずかしいなどといった理由から、排尿に関係する症状があっても、泌尿器科での診断や治療を躊躇する人も多いようです。

しかし排尿の症状は診断を受けて治療すれば改善できますし、早めに治療することで症状の悪化を防ぐこともできます。

また、恐ろしい病気が隠れている可能性も考えられるので、早めに泌尿器科を受診して適切な治療を受けることが大事です。

ちなみに、尿が赤い・尿に血が混じるなどの症状は膀胱炎・尿管結石・膀胱結石・尿路腫瘍などが疑われますし、尿が濁っている・尿道から膿が出る症状は膀胱炎・尿道炎が疑われます。

それから、尿の回数が多い・トイレが近いなど症状は膀胱炎・過活動膀胱・前立腺肥大症・神経因性膀胱が、尿が出にくい・残尿感があるは神経因性膀胱・前立腺肥大症・膀胱炎・膀胱がんなどが疑われるのです。

ですから泌尿器科を受診して、しっかりと検査やテストを受けて病気の心配がないかを確認することをおすすめします。

膀胱炎の検査やその他のテスト

泌尿器の疾患で多く見られるのが膀胱炎で、泌尿器科ではまず尿検査(尿定性検査・尿沈渣検査など)を実施します。

膀胱炎の時には、白血球や細菌などが顕微鏡で見て確認できますし、尿沈渣検査で膀胱炎の所見が認められれば診断ができるので、それ以上の検査はしないのです。

泌尿器科の検査・テストは何をさせるか不安を感じるでしょうが、膀胱炎の場合はこのように尿検査のみでほとんど診断可能になります。

その他泌尿器科で行われる簡単な検査には、腎臓の機能や炎症の有無など調べるための血液検査、残尿の量・腎臓や膀胱の形と状態、がんや結石の有無などを調べる腹部エコー検査などもあるのです。

また簡単な検査で診断がつかない場合には、もう少し詳しく調べる検査・テストをすることもあります。

例えば、1回の排尿にかかる時間・尿の量・尿の勢い・排尿のパターンなどを調べる尿流量測定、時間を区切って漏れた尿の量を正確に測るパッドテストです。

それから膀胱の伸び縮みが正常に行われるかを検査する膀胱内圧測定、咳やいきみで尿が漏れるか検査するストレステストなどもあります。

尿道から内視鏡を膀胱に入れて膀胱や尿道の内部の様子を観察する膀胱尿道鏡検査、造影剤を注射して膀胱や尿道の状態を撮影するX線検査などもあるのです。

このように尿検査以外にも泌尿器科では様々な検査・テストが受けられるので、何らかの気になる症状がある時は早めに泌尿器科を受診しましょう。

膀胱炎の症状

尿道からの細菌侵入による炎症で発熱を伴うのなら?

子供の様々な泌尿器疾患

子供に見られる泌尿器疾患には様々ありますが、そのひとつに尿道口から細菌が侵入して、膀胱内に入って生じる尿路感染症があります。

膀胱の中で感染がとどまって炎症を起こすのが膀胱炎と呼ばれて、細菌が膀胱からさらに腎臓まで進入することで起こるのが腎盂腎炎です。

男の子と比較して女の子は尿道が短いために尿路感染は起きやすいと考えられますが、2才までは男女の頻度については大きな差はありません。

赤ちゃんの尿路感染においては38.5℃以上の発熱や、機嫌が悪いなど全身症状だけの場合が多いです。

また、いつもより尿が臭い、尿に血液が混じるといった症状がみられる場合があって、学童以降の年長児はトイレが近い、排尿時痛が強いといった排尿に伴う症状が中心になるのです。

ただ、どの年齢においても発熱(高熱)を伴う場合には、膀胱炎だけではなくて腎盂腎炎の可能性もあるので注意が必要と言えます。

(さらに…)

膀胱炎の症状

膀胱炎は再発防止のためにも完治まで

膀胱炎の症状は?

尿道を細菌が逆上って膀胱に入り、膀胱内で増殖することにより膀胱に炎症が起きる病気が膀胱炎です。
尿道が短いため細菌が膀胱内に侵入しやすことから女性は膀胱炎になりやすくて、女性にとってはポピュラーな病気で、誰でも発症する可能性があります。
膀胱内に大腸菌などの細菌が侵入し増殖することが原因で発症しますが、健康な状態なら細菌が侵入しても抵抗力で増殖が抑えられるので、細菌が侵入したからと言ってすぐに発症するとは限らないです。
ただ睡眠不足や精神的ストレス・疲労などにより抵抗力が低下していると、侵入してきた細菌が増殖しやすくなって発症しやすくなります。
また生理の前後や性行為後など陰部に細菌が繁殖しやすい状態にある場合も、膀胱炎に感染しやすくなると考えられるのです。

膀胱炎の初期症状としては、トイレに行く回数が増加する頻尿と、排尿時に下腹部に痛みを感じるようになる排尿痛、それから残尿感が強くなるなどがあります。
症状が進行すると痛みが酷くなると共に、尿が濁ったり血尿が見られたりすることもあるのです。

膀胱炎はどのような治療をする?

膀胱炎が疑われる症状がみられる時は、腎盂腎炎など重大な病気を招いたり、膀胱がんや膀胱結石などの別の病気を見逃したりしないためにも、できるだけ早く泌尿器科を受診しましょう。
また本当に膀胱炎なのかを調べるためにも、泌尿器科で検査を受けることが大事です。
それから、最近では膀胱炎の市販薬が購入できるため、それで対処する方もいます。
しかし症状は治まりますが市販薬の服用では完治まではできないで、その点からも泌尿器科の受診がおすすめです。

泌尿器科では、まずは尿検査で尿中の白血球濃度を測定して、白血球数が多いと尿路の炎症が疑われるため、抗生物質の投薬で治療を行います。
膀胱炎のほとんどは菌を死滅させる抗生物質の投与により数日間で症状は治まりますが、完治までしていないので治ったと自己判断をして抗生物質の服薬を中止するのはダメです。
実は症状が改善されたようにみえても、膀胱内の炎症が治まっていなかったり、細菌が残っていたりすることもあります。
完治までしっかりと治療しないと再発してしまう可能性があるので、処方された薬は完治まできちんと飲むことが大事で、再検査をして完治していることを確認する必要があるのです。
この完治まで治療するということは、膀胱炎を治す際に重要なポイントになると理解しておきましょう。

膀胱炎の症状

泌尿器科での女性の診察

泌尿器科での女性の診察

泌尿器科というと男性を専門にしている病院というイメージを持たれがちですが、実際には女性の診察もしています。
女性は膀胱炎という泌尿器の病気にかかりやすく、このときは泌尿器科を利用するのもおすすめとなります。
決して男性専用の病院ではありませんから、女性の方も必要に応じて利用してみてください。
(さらに…)

膀胱炎の症状

内科での膀胱炎の検査

内科での診察

膀胱炎は最寄りの個人病院を受診することで治せることの多い病気となりますが、何科に行くべきかというとよくおすすめされるのは泌尿器科となりますが、婦人科や内科でも診察できる場合があります。
近くに泌尿器科や婦人科は見つからなくても内科ならあるというケースは多いですよね。
その場合は一度内科で相談してみるのもいいですが、不安なときは来院前や来院後の受付時に膀胱炎の診察や治療もできるか聞いてみるといいでしょう。
その内科で対応できる場合、どのような診察が行われるかというと、問診や検査の結果、膀胱炎との診断や治療が行われることになります。
問診のためにもどんな症状が出ているのか、説明できるようにしておくといいでしょう。
(さらに…)

膀胱炎の症状

複雑性膀胱炎とは

複雑性膀胱炎とは

膀胱炎の中には複雑性膀胱炎と呼ばれる種類もあります。
これはどんな病気なのかというと、起きているのは膀胱炎なのですが、その原因に別の病気が関係している場合、この複雑性膀胱炎と診断される可能性があります。
たとえば尿停滞や尿路結石、前立腺肥大症、全身の免疫力の低下などが原因となる場合があります。
複雑性膀胱炎とはこのように、膀胱炎が単体で起こる病気ではなく、別の病気に関連して起こった膀胱炎を指します。
(さらに…)

膀胱炎の症状

出血性膀胱炎とは

出血性膀胱炎とは

膀胱炎といえば女性がなりやすい病気となるのですが、実は膀胱炎にもいくつかの種類があります。
その一つとなるのが出血性膀胱炎です。
この膀胱炎とはどんな症状なのかというと、その病名の通り、出血がある膀胱炎となります。
血が混ざるのは尿となり、肉眼でもわかるくらいの血尿が主な症状となります。
そのほか、排尿時に痛みがある、尿の回数が多い、残尿感があるなどの症状も出ます。
症状が悪化すると血が固まりとなって尿路をふさいでしまい、尿ができなくなるなど深刻な事態となる場合もあります。

出血性膀胱炎の原因とは

なぜこのような症状が起こるのかというと、原因の一つになっているのはウイルス感染です。
これによって炎症が起きてこのような症状が現れます。
ウイルスの種類は一つだけではありませんが、よくあるのはアデノウイルスによるものです。
このようなウイルス感染が原因というものが多いのですが、抗がん剤が原因でこの膀胱炎が起きることもあります。
抗がん剤を現在服用している方はこれが原因の可能性もあります。
そのほか、食べ物や薬に対するアレルギーという原因もあるなど、その原因は一つだけではありません。

出血性膀胱炎は誰がなる?

膀胱炎は女性がなりやすいと言われますが、この出血性の膀胱炎も女性なら誰でもなりやすいのでしょうか?
こちらはそうとは限らず、どちらかというと子供がなりやすい病気として知られています。
また、抗がん剤を使っているとこの病気が起こることがあるため、その薬を使っている方は大人でもなる場合があります。

出血性膀胱炎の治療とは

出血性膀胱炎の治療はどうするのかというと、原因がウイルス感染と思われる場合、風邪と同じように自然に回復を待つ場合もあります。
細菌感染と違ってウイルスは抗生物質での治療はできません。
そのほかにウイルス感染に効く薬もあまりないため、十分な休養や安静、水分補給などを通して体の回復を待つといった治療になります。
出血がひどい場合は止血のための薬を使うこともあります。
また、出血により尿路をふさぐといった事態が起こりえる症状の場合や、すでに起こっている場合、尿路に管を入れての処置などが行われることもあります。

病院で診察を受けよう

出血をともなう症状となることから、症状がひどいときなど早めに病院を受診してください。
膀胱炎の症状は泌尿器科が専門となります。
また、患者が子供の場合は小児科で相談できる場合もあります。
これら病院で相談するといいでしょう。

膀胱炎の症状